図鑑 3群 (NO-11~NO-15)

NO-11 コウテイダリア (キク科)
写   真
原 産 地 メキシコ
別   名 キダチダリア
花 の 時 期 11月
そ の 他  ダリアの王様(皇帝)なのでコウテイダリアと呼ばれる。
 しかし、普通のダリアのようにいも状の根茎は見られ
 ない。
 草丈は3~5mにもなり、赤、白、ピンクの大きな花を
 咲かせる。一重と八重咲きがあり、 代々木公園にも
 2種類の株があります。
 半耐寒性の多年草で短日植物(日が短くなると花が
 咲く)なので街路灯や明るい所ではなかなか咲きま
 せん。
花 言 葉  華麗、優雅、威厳
NO-12 アブチロン  (アオイ科)
写   真
原 産 地 ブラジル南部
別   名 チロリアンランプ
花 の 時 期 春~秋
そ の 他 アブロチンの仲間にはいろいろな園芸種がありま
すが、耐寒性の強い。ウキツリボクの系統が東京
付近では植えられています。
代々木公園のもの(中井さん提供)もこの系統と
思われます。
花は赤色の鐘状の5枚の花弁からなっています。
半耐寒性なので冬の間は寒さから保護する必要が
あるかも知れません。
水と肥料は十分に与えた方が生育によいでしょう。
花 言 葉 憶測
NO-13 トケイソウ  (トケイソウ科)
写   真
原 産 地 ブラジル・ペルー
別   名 パッション・フラワー、ボロンカズラ
花 の 時 期 5月~9月
そ の 他 トケイソウは花弁をトケイの文字盤、雌雄しべを
針にたとえて命名されたものです。
花の色は白、青紫で 直径は10cmもある大型
です。秋 には丸いオレンジ 色の実をつけます。
半耐寒性の常緑つる性です。
食用のパッションフルーツはこの仲間です。
欧米では十字架にかかるキリストを連想しキリスト
受難の花と云われます。
               (中井さん提供)
花 言 葉 聖なる愛、宗教的情熱
NOー14  スイフヨウ (アオイ科)
写   真
原 産 地 東南アジア
別   名 酔芙蓉、ムタビリス ベルシコロル  (種名?)
花 の 時 期 7月~11月
そ の 他 フヨウの園芸種。落葉の低木。花は八重が多いが
一重もある。朝の咲き始めは白いが、時間が経つ
につ れて桃色になり夕方には、しぼんで赤くなる。
これが酔芙蓉の名前の由来である。
日照を好む。水やりは頻繁に行う。寒さに弱いの
で対策を考える。                               (本田さん提供)
花 言 葉 妖艶(ヨウエン)、繊細美、微妙な美しさ
NOー15 アリッサム  (アブラナ科)
写   真
原 産 地 地中海沿岸
花 の 時 期 春と秋
そ の 他 日当たりを好む。しかし、夏の暑さには弱い。
春と秋に白や紫の小さな花を多数つける。
管理方法は1・2月に花の少なくなった頃に刈り
込むと、1カ月後には咲き始める。5月頃に伸び
過ぎた茎を整理し蒸れを防止する。
暑くなってからは葉を刈らないほうが良く、刈る
と枯れることがある。
花 言 葉 優美、飛躍、美しさに優る値打ち