園芸活動の基礎


 代々木公園 園芸作業 メモ
                                   代々木公園


1) 除草作業
  除草とは手や道具を使い草を抜いたり削ったりして取り除くこと
  除草作業は①若い時(春のうち)に取る ②雨上がりなど土が柔らかい時の取る
  深い根の植物があるので(ハマスゲ)なるべく深く耕して根などを除くことが望ま
  しい。
  道具としては①狭い場所は「ねじりがま」 ②広い所は小型のくわ「片手ホー」を
  使うとよい。

2) 土作り作業
  土作りとは作物の生育のために土の状態を良くすること
  良い土とは①有機物を多く含む ②通気性が良い ③排水性が良い ④保水性が良い
  地面を深く耕し、雑草の根などを除く(除草効果あり)また、堆肥・パーライトをす
  き込むと通気性、保水性が増大し良い土になる。また、深く耕すとその後の除草が
  やりやすくなる。
  除草作業と土作りとは切っても切れない関係にある。

3) 花柄摘み
  花柄とは花が咲いて萎んだものを言い、これを摘み取るのが花柄摘みです。
  その効果は①萎んだ花を放置すると見た目に悪い ②病気の元になる。③種がで出来
  るので、養分が取られてしまう。 ④腋芽が出て花の数が増える。