4・5月のバラの作業

4・5月のバラの作業  06.4.18にも配布      2009.4.6 NO1      
* 芽かき・花枝の整理
1. 一つの花を大きく咲かせるために、芽かき、枝の整理をする。
2. 4月上旬から5月上旬までに完了する。
3. どのような芽をかいたらよいか。充実したよい芽だけを残す。
   内側に交錯しそうな芽
   細くとがった芽
   寒さでいじけた芽
4. どの位の花芽数にしたらよいか。
   親指くらい太い枝なら一枝につき3芽
   人さし指くらいの枝・・・・・・2芽
   鉛筆くらいの枝・・・・・・・・1芽
     小さく沢山咲かせたい場合は、この数にとらわれない。
5,ブラインドについて
   ブラインドとは、蕾のつかない枝のこと。
   ブラインドとわかった枝は、5枚葉を1枝付けてその下の5枚葉の付け根の芽
   のすぐ上でピンチ(摘心)する。ピンチしたところから芽が出て、6月中、
   下旬に2番花が咲き長く楽しめる。  
5. 摘蕾は目的に合わせて蕾を摘み取ることです。
   ハイブリッドティーの場合、一輪大きく咲かせるのが基本ですので、中心の
   主蕾を残し、両脇や柳葉、3枚葉についた副蕾は、小豆大位になったら指で
   嗅ぎ取る。
   フロリパンダやイングリッシュローズは、房咲きさせるので摘蕾の必要はない。
* 施肥
   元肥が与えてあれば今月にいらない。
* 潅水
   バラは4月にはいると、水を欲しがる。
   雨がなければ、月半ばまでは7日に1度
       半ばすぎからは5日に1度、1本当り10~15リットル程度潅水する。
* 散薬
   アブラムシ=オルトラン・アルバリン・ジェイエース
   うどんこ病=ダコニール1000・ビリカット乳剤・サンヨール乳剤
   黒点病=ダコニール(予防)・サプロール(罹患) 新芽には薄め