1月~3月のばらの手入れについて

1月~3月のばらの手入れについて             2007.1.23
(イ)剪定について
   基本的事項
   1.いきなり本剪定ほど切り詰めることは木にダメージを与えることになる。
     仮剪定(12月~1月) 本剪定(2月)に行う。
     育ちの悪い木の活性化を目的とした剪定には、強剪定を1月に行うのも一つの方法。
     仮剪定で1.2m位にする。主幹を剪定する前に不要な細枝、枯枝等を切り捨て、
     次に老幹を根元から切り捨て、間引きと株の更新を済ませ、後は必要な高さに切る。
   2. 剪定時の注意
     HTでは35~50cm位の高さのところで外側を向いて充実した元気な芽の上5mm位の
     ところを芽の動きそうな方向に平行に切る。その時鋏の切り刃は残す芽の方に当てると、
     5mm位のところになる。
   3.ばらの種類によって、剪定のし方もいろいろである。

 (ロ)元肥について
   1.有機肥料が良い。  
     肥料には空気に触れない方が効果が大きいもの・・・土を掘ってやる。
      例  EMぺレット
     空気に触れることの方が効果の大きいもの・・・・土の上にまいたままでよい
      例  油粕
   2. やり方
     掘って肥料をやる場合は、根を炒めないこと
     肥料を巻く位置  枝の先を垂直線を地面下ろしたあたり。目安は株を中心にして、
     半径30~40cm位のところで深さ20cm位。土とよく混ぜてやる。腐葉土でマルチを
     する。

 (ハ)消毒について
     葉を痛める心配のない1~2月こそ黒点病、うどん粉病、ハダニとその卵、カイガラ虫
     等を撲滅する最適期である。理想的には週に一度やる。
     黒点病・・・・ダコニール(予防)・サプロール(罹患)
     あぶら虫・・・オルトロン
     うどん粉病・・ダコニール・ニッソラン