たね団子の作り方研修会資料 (2015-11-28) at::木場公園


  • 「たねダンゴつくり」講習会報告                        2015.12.1

    1.日 時   2015年11月28日
    2. 場 所  木場公園
    3.参加者   山口・滝口・小嶋
    4.内 容
      1.たねダンゴの良い点
        イ.球根を植える感覚で種まきができる。
        ロ.種が風、雨などで飛んだり流されたりしない。
        ハ.ダンゴに保水性、保肥性があるため初期育成の条件が整う。
        ニ.直まきのため植え替えによるダメイジが少なく生育する。
        ホ.ダンゴを作る作業の中で、人と人の交流がうまれ楽しさがある。老若男女が
          楽しむことができるのでイベント性がある。
      2.ダンゴの作り方
        ・材料
    1. けと土
       池などの湿地に堆積した植物がドロ状になったもの。肥料に富、水分、粘りがある。
       盆栽の苔玉に使われる。
    2. 赤玉土の粉状にしたもの。(市販の用土)
    3. 肥料・・・・・・持続性のある(マグァンフK中粒)
    4. 水・・・・・・・植物活力素メネデール(二価鉄イオン)
    5. 花の種・・・・・1種類でも良いが数種類まぜる。
    6. その他・・・・・鉢または皿、珪酸塩白土、移植地用元肥等
            例  春まき(ヒャクニチソウ、コスモス、クレオメ
                  マリーゴールド、帝王貝細工、センニチコウ
                  ハゲイトウ等)
               秋まき(ヤグルマギク、ムギセンノウ、チドリソウ
                  ハナビシソウ、シロバナカスミソウ、
                  ハナビシソウ、ヒメキンギョソウ、ゴデチャ
                  アカバナカスミソウ、サボナリアバッカリア
        ・作る手順と植え付け
    1. けい土と赤玉土の粉を水を入れながら混ぜてこねる。(7:3or6:4)
    2. ソフトボール大にまるめる。
    3. キンカン大に丸める。
    4. キンカン大の土ダンゴの真中に肥料をいれ、種をちっとつけ、土ダンゴを整えて、
    まわりに珪酸塩白土をつけ。
    5. ダンゴをちょっと平たくつぶして、表面は土がかぶさらない深さで植える。
    6. 株間、春まきは40~50cm  秋まきは30~40cm
       春まきの植え付け5.6月 秋まき10.11月

                                   文責 小嶋笙子
  •           ■ 各写真をクリックすると拡大されます。